「リクエスト」のスキル ~ 「魔法の言葉」で人は変わるわけではない。

コーチングの「リクエスト」は、クライアントに飛躍的な成長が起こることを願って発せられます。したがって、「そのような魔法の言葉はあるの?」と質問したくなるのも理解できるところです。
「話し方」を伝授するノウハウ本が人気を集めているように、人は表現次第で、相手に変化が生じることを期待するものです。

コーチングの本質を体得し、多くの実践を積み重ねてきたプロコーチのリクエストによって、クライアントに飛躍的な変化がもたらされることは当然あります。ただし、そのリクエストの言葉だけを切り取ると、「とても魔法のようには感じられない」至極一般的な表現であることが多いのも事実なのですね。それはどういうことかというと…

コーチングが成立している関係性を紐解いていくと、そこにはコーチングの3原則が存在しています。
その背景は、「承認」「傾聴」「質問」といったコーチングのスキルが、コーチとクライアントの間に、現在進行形で継続したセッションの中で反映され、両者に深い信頼感が醸成されているからなのです。したがって、言葉だけが独り歩きした、いわば「魔法の言葉」によって人は変わるわけではありません。

さて、以上のことを理解していただいた上で、リクエストが効果を発揮するための留意点を簡潔に説明しておきましょう。

端的に伝える。

自分の要望を断られたくないために、長い前置きや遠回しの表現をしてしまうことはないでしょうか? それがかえってクライアントを混乱させたり、不快にさせたりする原因になっていることがあります。「要するにどうしてほしいのですか?」と聞き返される場合もあるでしょう。人は、何を望まれているかはっきりと分かった方が、判断しやすいものです。
(例)「是非、それをやってみてください」

相手に対する期待感を込めて伝える。

(例)「あなたは。これまでもたくさんの実績を上げてこられました。あなたならできる
と確信します。やってみませんか?」

「承認」と「要望」をセットで伝える。

(例)「私はあなたの仕事ぶりはとても丁寧だと感じています。あとはスビードですね。その二つを両立させてみませんか?」

必要を感じた場合は何度でも繰り返し伝える。

コーチングにおいて、「継続」は成功のカギの一つです。一度要望しただけで、相手の行動が変わるとは限りません。むしろ、コーチであるあなたが望んでいることの強さや深さを理解してもらうためにも、繰り返しメッセージを送り続けることも大切です。


コーチング情報局を運営する株式会社コーチビジネス研究所では、企業を対象としたコーチング研修、ビジネスパーソンを対象としたビジネスコーチング、個人の方を対象としたライフコーチングを提供しております。その他、コーチングを学びたい方のためのコーチングスクールの運営、経営者やビジネスリーダー向けにセミナーを開催しています。興味や関心がございましたら、お気軽にご相談・お問い合わせください。

This article was written in Japanese and converted into English using a translation tool. We hope you will forgive us for any inadequacies.
Coach Business Laboratory, Inc., which operates the Coaching Information Bureau, provides coaching training for companies, business coaching for business people, and life coaching for individuals. In addition, we operate a coaching school for those who want to learn coaching and hold seminars for executives and business leaders. If you are interested or have any questions, please feel free to contact us for further information and consultation.

認定コーチ紹介サービス
ホームページ制作サービス
Certified Coach Referral Service
Web Site Creation Service