HOME

コーチングの“わかりにくさ”を紐解いてまいります。

コーチングの対象者はカウンセリングと異なり、パフォーマンスの向上を願う健常者を前提としています。対象者であるクライアントと伴走しサポートするのがプロコーチの役割であり、その実現はコミュニケーションを通して展開されます。ただし、外形的には「会話」なので、プロのコーチがどのような内容の知見を持ち、どう活用しているのかは“わかりにくい”のです。
コーチングには高い専門性が求められるのですが、この“わかりにくさ”によって多様に解釈されている状況です。
私どもは、その“わかりにくさ”を「コーチング情報局」を通じて紐解いてまいります。