コーチングのコーチは「会話」を超えた「対話」をする人。

資格とは、そもそも特定の知識や技術を有していることを明示する目的で発行されます。ところが、コーチングを「誰もが当たり前に使っている会話」という狭いイメージでとらえてしまう人は、コーチング資格者が持つ専門能力と、俗にいう「会話上手」の人との違いがよくわかっていないのかもしれません。

もっともコーチング資格は民間資格ですから、コーチングの3原則に無頓着な「会話上手になるための高度なスキルが獲得できます!」といった訴求で、資格を付与している団体も垣間見えます。

そのような資格の場合、いざプロコーチとして活動しようとしても、現実の壁を早々に知ることになり、コーチングに幻滅してしまうことにもなりかねません。
コーチングの資格取得に興味をお持ちの方は、フラットな視点で解説している「最新のコーチングスクール」などのサイトにアクセスし、情報収集に努めていただければと思います。

さて上記で「会話」と言う表現を使っていますが、コーチングでは一対一の「対話」がベースです。対話は英語ではダイアローグ(dialogue)であり「価値観の異なる相手と双方向コミュニケーションを通じて相互理解を深めていく行為」という意味です。

コーチングとは、クライアントである相手が自分の内側にあるアイデアに気づき、そのアイデアを発展させていくことです。クライアントがコーチングセッションの中で、自由に発想し、アイデアを具体的にしていくことができるよう、コーチはその環境をつくりだしていくのです。このプロセスが「コーチングの対話」であり、「会話上手の人が主役となって場を楽しませる」こととは異なります。

コーチはクライアントが未来に向けてビジョンを描くのを手伝います。目指す未来が達成された時の状態、そこに至るプロセス、自分を取り巻く周囲の状況などを、あたかも物語を語るように、キャンバスの上で展開させていくイメージです。

コーチングにおけるコーチとは、その場の主役ではなく、「対等な関係である伴走者」なのですね。


コーチング情報局を運営する株式会社コーチビジネス研究所では、企業を対象としたコーチング研修、ビジネスパーソンを対象としたビジネスコーチング、個人の方を対象としたライフコーチングを提供しております。その他、コーチングを学びたい方のためのコーチングスクールの運営、経営者やビジネスリーダー向けにセミナーを開催しています。興味や関心がございましたら、お気軽にご相談・お問い合わせください。

This article was written in Japanese and converted into English using a translation tool. We hope you will forgive us for any inadequacies.
Coach Business Laboratory, Inc., which operates the Coaching Information Bureau, provides coaching training for companies, business coaching for business people, and life coaching for individuals. In addition, we operate a coaching school for those who want to learn coaching and hold seminars for executives and business leaders. If you are interested or have any questions, please feel free to contact us for further information and consultation.

認定コーチ紹介サービス
ホームページ制作サービス
Certified Coach Referral Service
Web Site Creation Service