「フィードバック」のスキル ~ その具体的方法とは?

相手の許可を得て行なう。

(例)「聴いていて感じたことを伝えていいですか?」
というように、いきなりフィードバックの内容を告げるのではなく、相手に心の準備をしてもらうために、事前に許可を取ります。

「Iメッセージ」を使う。

「Iメッセージ」とは、「私には〇〇〇のように感じます」というように、「私は」を主語にして言う伝え方です。
(例)「私には、あなたが本当に言いたいことは別にあるように感じています」

一方、「Youメッセージ」では、「あなた」が主語になります。「あなた」を主語にすると、コーチ側の決めつけや先入観を押し付けるようなイメージにとられてしまいがちで、クライアントが主体的に気づくことを妨げてしまいます。信頼関係が十分にできていないと、反発を招く恐れもあります。
(例)「あなたには、本当にやりたいことが別にあるはずです」

客観的事実と主観的認識を組み合わせて言う。

例えば、「眉間にシワを寄せていますね」という客観的事実をもとに、「私には、あなたが心配事を抱えているように感じます」という主観的認識、つまりコーチとして感じたことを伝えます。
あるいは、「“でも”という言葉を5回使っていましたね」という客観的事実から、「私には、あなたが本気でそれをやりたいとは思えないのですが…」と、コーチが感じたことを伝えます。
このように、客観的事実と主観的認識を組み合わせると、クライアントも受けとめやすくなります。ただし、コーチの主観は解釈を伴うので、用いる場合は慎重を心がけます。

コーチが感じていることを確認する。

(例)「お話を伺っていると、もう既に結論を決めていらっしゃるように感じますが、いかがでしょうか?」

フィードバックは、クライアントがそのことを受けとめることができて、はじめてその効果が発揮されます。


コーチング情報局を運営する株式会社コーチビジネス研究所では、企業を対象としたコーチング研修、ビジネスパーソンを対象としたビジネスコーチング、個人の方を対象としたライフコーチングを提供しております。その他、コーチングを学びたい方のためのコーチングスクールの運営、経営者やビジネスリーダー向けにセミナーを開催しています。興味や関心がございましたら、お気軽にご相談・お問い合わせください。

This article was written in Japanese and converted into English using a translation tool. We hope you will forgive us for any inadequacies.
Coach Business Laboratory, Inc., which operates the Coaching Information Bureau, provides coaching training for companies, business coaching for business people, and life coaching for individuals. In addition, we operate a coaching school for those who want to learn coaching and hold seminars for executives and business leaders. If you are interested or have any questions, please feel free to contact us for further information and consultation.

認定コーチ紹介サービス
ホームページ制作サービス
Certified Coach Referral Service
Web Site Creation Service