コーチがクライアントから信頼されるためには何が求められるのか?

コーチングが機能し、その目的を果たしていくためには、コーチとクライアントの間に信頼感が構築されていることが前提となります。信頼感はすべての人間関係におけるベースとなりますが、コーチングには、クライアントからの信頼を獲得するためのコーチに求められる条件が存在します。

1.常に人間としての真摯さ、正直さ、誠実さを示している。

言葉にするのは容易ですが、これを実現実行するのは簡単ではありません。ただしコーチとは、人にかかわるプロフェッショナルとしての資格であり、高いレベルの人格が求められるのです。したがって日頃より「真摯であるか?」「正直であるか?」「誠実な態度であったか?」と、自問自答する習慣を持つことが大切です。

2.クライアントの幸福や未来について真の関心をもつ。

コーチングの視点は過去ではなく未来です。クライアントが置かれている現在が仮にどのような状況であれ、クライアントの幸福を願い、クライアントが実現していく未来を共に描いていきます。その関心の強さがクライアントの行動を促すのです。

3.クライアントとの約束を守る。

あえて当たりまえのことを挙げています。ただし、細心の注意をもってこのことに臨む必要があります。対話の中で、クライアントの言葉が、約束を求めているように感じられないこともあります。コーチはクライアントの真意は何か、五感を動員して把握します。気づかぬ小さな約束反故によって、信頼感が後退することもありえます。

4.クライアントの視点、学び方、個人としてのあり方に敬意を表す。

人はそれぞれ価値観が異なります。コーチは、一人ひとり異なるクライアントの価値観を尊重します。ジャッジメントすることなく、一人の人間として敬意を表すことがコーチングであり、そのことによって信頼関係が形成されていくのです。

5.どんな状況にあってもクライアントを支え、継続的にサポートする。

コーチングは通常数か月の期間継続します。その間、クライアントに訪れる環境は変化しますし、精神の動きも波が生じるのが通常です。コーチは、どのようなときもクライエントを支えます。クライアントがこの継続する関係性を実感することで、コーチへの信頼感が高まり、コーチングが有効に機能していくのです。


コーチング情報局を運営する株式会社コーチビジネス研究所では、企業を対象としたコーチング研修、ビジネスパーソンを対象としたビジネスコーチング、個人の方を対象としたライフコーチングを提供しております。その他、コーチングを学びたい方のためのコーチングスクールの運営、経営者やビジネスリーダー向けにセミナーを開催しています。興味や関心がございましたら、お気軽にご相談・お問い合わせください。

This article was written in Japanese and converted into English using a translation tool. We hope you will forgive us for any inadequacies.
Coach Business Laboratory, Inc., which operates the Coaching Information Bureau, provides coaching training for companies, business coaching for business people, and life coaching for individuals. In addition, we operate a coaching school for those who want to learn coaching and hold seminars for executives and business leaders. If you are interested or have any questions, please feel free to contact us for further information and consultation.

認定コーチ紹介サービス
ホームページ制作サービス
Certified Coach Referral Service
Web Site Creation Service