ラポールを生み出すための具体的な方法とは?

ラポールは、コーチングにおいてとても重要な意味を持つ関係性です。ただし日常ではあまり用いることのない言葉かもしれません。広辞苑にも掲載されている用語ですので、まず定義をおさえてみましょう。

親和関係。対面的な場面を伴う意識調査・人類学的調査・カウンセリングなどで、面接者と面接対象者との間につくる親和関係・共感的関係。

コーチングのコーチは資格を持っているからといって、クライアントがすぐに胸襟を開き、本音を素直に語ってくれることは通常ありえません。クライアントが自然に胸襟を開いてくれる環境をつくり出すことが、コーチングには求められます。その重要なカギがラポールであり、その具体的な方法を挙げてみましょう。

クライアントのすべてを認めていることを誠実な言葉と態度で示す。

初対面、あるいはまだそれほど接触していない関係にあって、以心伝心はありえません。コーチは誠実な態度、誠意をこめた言葉で、クライアントを受容していることを告げます。クライアントは、コーチはどのような人であるのか、すべてを感じようとしていますから。

守秘義務があることを伝える。

コーチング・セッションを始める際は、必ず、コーチには守秘義務があり、セッションの内容は決して第三者に口外しないということを伝えます。ラポールの形成、信頼関係を築く上で、大切な最低限のルールです。

コーチの体験、考え、想いなどを自己開示する。

コーチ自身が自己開示することにより、クライアントはコーチの人間性を理解したり、共感を覚えたりします。さらにクライアントのなかに安心感が醸成され、クライアントも話しやすくなるのです。

コーチはクライアントの『鏡』のような存在であり、同時にクライアントもコーチの姿勢を『鏡』のように反映させます。コーチはクライアントから見られているのです。したがってコーチは、自分の意識、態度を最高の状態に保てているか、常に自問自答することが求められます。

アイスブレイクは潤滑油。

具体的なセッションは、クライアントとの間のテーマ設定からスタートしますが、クライアントがリラックスしてセッションに臨むことができるためには、アイスブレイクが欠かせません。アイスブレイクは「氷を解かす」、という意味ですから、緊張を解きほぐすための会話であり手法です。したがって特に決まりごとはありません。

コーチングはクライアントとの共同作業であり、コーチ自身も自然体でコーチングを進めていくことができるようウォーミングアップも必要です。
さらにクライアントの今その時の状態を、アイスブレイクのやりとりの中で把握し、セッションをどのような方針で進めていくかなど、判断のための時間でもあるのです。


コーチング情報局を運営する株式会社コーチビジネス研究所では、企業を対象としたコーチング研修、ビジネスパーソンを対象としたビジネスコーチング、個人の方を対象としたライフコーチングを提供しております。その他、コーチングを学びたい方のためのコーチングスクールの運営、経営者やビジネスリーダー向けにセミナーを開催しています。興味や関心がございましたら、お気軽にご相談・お問い合わせください。

This article was written in Japanese and converted into English using a translation tool. We hope you will forgive us for any inadequacies.
Coach Business Laboratory, Inc., which operates the Coaching Information Bureau, provides coaching training for companies, business coaching for business people, and life coaching for individuals. In addition, we operate a coaching school for those who want to learn coaching and hold seminars for executives and business leaders. If you are interested or have any questions, please feel free to contact us for further information and consultation.

認定コーチ紹介サービス
ホームページ制作サービス
Certified Coach Referral Service
Web Site Creation Service