「質問」のスキル ~ 「視点を変える質問」の6つのパターン

「質問」のスキルの中で、大きなウエイトを占めるスキルが「視点を変える質問」です。さまざまなバリエーションで構成され、このスキルを身に付けることで、プロのコーチとしての自信が生まれ、クライアントもそれらの質問を投げかけられることで、思い込み、バイアスにとらわれている自分を冷静に受けとめることができるようになります。

視点の位置を知る。

通常クライアントは、自分が現在置かれている位置から物事を見ています。視点の移動は、クライアントを、そこから別の場所へと誘うことにより可能となります。

視点の主体を変える。

クライアントが自分の位置からしか物事を見ていないと感じたら、クライアントが考えている対象者の視点や、第三者の視点に立って考えてみるよう、質問をすることです。

視点を事実に向ける。

人は誰でも多かれ少なかれ、思い込みを持っています。思い込みは、クライアントの視点を固定し、可能性や選択肢を制約します。コーチは、クライアントの思い込みを解きほぐし、気づきへと導く重要な役割を担います。

視点の時間軸を変える。

自分が「将来ありたい」状態にいるとします。そこから現在を振り返る「未来からの視点」に立つための質問と、過去の体験を思い出し、その時点から現状を振り返る「過去からの視点」に立つ質問によって、現在の時間からの移動を促していくことです。

視点を仮定に向ける。

全能感に満たされ、何の制約も感じることなく振る舞っていた幼児ではなく、社会に適応していくことを意識してしまう大人は、現実の世界にとらわれ、自らの行動にブレーキをかけてしまいがちです。視点を仮定に向けることで想像力は広がっていきます。

視点を広げる。

「人は見たいものだけを見て、聞きたい事だけを聞く」と言われるように、「自分は近視眼ではない」と口にする人も、それ自体が思い込みである可能性があります。このバイアスから脱するために、コーチは「視点を感情に向ける質問」「飛躍の視点に立つ質問」「視点を原点に戻す質問」、そして「全体の視点に立つ質問」を投げかけることで、クライアントの気づきを促していきます。


コーチング情報局を運営する株式会社コーチビジネス研究所では、企業を対象としたコーチング研修、ビジネスパーソンを対象としたビジネスコーチング、個人の方を対象としたライフコーチングを提供しております。その他、コーチングを学びたい方のためのコーチングスクールの運営、経営者やビジネスリーダー向けにセミナーを開催しています。興味や関心がございましたら、お気軽にご相談・お問い合わせください。

This article was written in Japanese and converted into English using a translation tool. We hope you will forgive us for any inadequacies.
Coach Business Laboratory, Inc., which operates the Coaching Information Bureau, provides coaching training for companies, business coaching for business people, and life coaching for individuals. In addition, we operate a coaching school for those who want to learn coaching and hold seminars for executives and business leaders. If you are interested or have any questions, please feel free to contact us for further information and consultation.

認定コーチ紹介サービス
ホームページ制作サービス
Certified Coach Referral Service
Web Site Creation Service