「孫子の兵法」の名言は、多くの人が“自分を知らない”ことの証左なのか?

「孫子の兵法」の中の名言で、真っ先に挙げられるのが「敵を知り己を知れば百戦してあやうからず」です。
100の戦いすべてに勝つ、ということは現実にあり得ないので、この名言を達成することがいかに困難なことであるか… そのことを物語る証左なのかもしれません。

コーチングのコーチとして成長し、成熟していくための根本は「自己基盤」の確立を目指していくことですが、そのための第一歩が「自分を客観的に知る」ということです。
そこには「他者が自分をどのように見ているのか? 理解しているのか?」という視点が欠かせません。その視点を考えるうえで役に立つ「ジョハリの窓」を紹介してみましょう。

ジョハリの窓

こうして整理されると、「なるほど…」と腑に落ちる理解につながりそうです。
「人は自分のことを分かっている」と思っていても、その受けとめ方は全体の一部であることがこの表で示されています。そして一人ひとり、4つの窓の大きさが違っているだろうことが想像されます。

コーチングのコーチは、Iの窓である「開放された窓」の面積を大きくしていくことを志します。それは自己開示によって、そして他者を真剣に理解しようと傾聴、質問、フィードバックなどを重ねていくことで実現につながっていきます。
同様に、そのプロセスを経ることで、「自己概念と経験が一致する」スペースが、どんどん広がっていくことが実感できるようになるのです。


コーチング情報局を運営する株式会社コーチビジネス研究所では、企業を対象としたコーチング研修、ビジネスパーソンを対象としたビジネスコーチング、個人の方を対象としたライフコーチングを提供しております。その他、コーチングを学びたい方のためのコーチングスクールの運営、経営者やビジネスリーダー向けにセミナーを開催しています。興味や関心がございましたら、お気軽にご相談・お問い合わせください。

This article was written in Japanese and converted into English using a translation tool. We hope you will forgive us for any inadequacies.
Coach Business Laboratory, Inc., which operates the Coaching Information Bureau, provides coaching training for companies, business coaching for business people, and life coaching for individuals. In addition, we operate a coaching school for those who want to learn coaching and hold seminars for executives and business leaders. If you are interested or have any questions, please feel free to contact us for further information and consultation.

認定コーチ紹介サービス
ホームページ制作サービス
Certified Coach Referral Service
Web Site Creation Service